• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

下水道が利用できるまで

ページ更新日:2012年8月6日

 

下水道が利用できるまでの流れ

 みなさまが下水道を利用できるまでの流れについて説明します。

 

  

1.下水道事業説明会の開催  (例年10月下旬~11月中旬)

1下水道事業説明会.jpg

 翌年度の下水道整備予定区域内(翌々年度下水道供用開始区域)に土地をお持ちの方を対象に、以下の説明を行います。

 

 ・ 下水道工事の手順について

 ・ 下水道本管と結ぶ取付管設置について

 ・ ご自宅の排水設備工事について

 ・ 受益者負担金について

 

 

 

2.取付管設置申請書の提出・取付管位置の決定  (例年2月末)

2取付管位置の決定.jpg

 2月末まで下水道管に取付管設置申請書を提出していただきます。

 取付管とは、下水道を使用するために敷地内の排水設備と道路などに設置された下水道管を結ぶ管のことです。

 その申請書に基づき、市役所から下水道工事を請け負った施工業者が取付管の位置を現場で確認します。

 

 

3.下水道工事の実施 (例年8月頃~翌年3月末頃まで)    

3下水道工事の実施.jpg

 整備区域の皆さんの日常生活を確保するため、水道管やガス管を切り回しながら、下水道本管や取付管の埋設工事を進めていきます。

 通行止めなどの規制が伴いますので、ご理解とご協力をお願いします。

 

 また、3月初旬から下旬頃まで、下水道の処理を開始する区域(下水道供用開始区域)の関係図書の縦覧を瀬戸市下水道課にて行います。

 ※舗装の復旧は、下水道管埋設直後は仮復旧で対応し、翌年度に改めて舗装の本復旧工事を行います。

 

 

4.使用開始(下水道供用開始)のお知らせ  (4月初旬)

4使用開始のお知らせ.jpg

 下水道が利用できるようになると、利用できる区域と処理の開始日を広報等でお知らせします。

 また、下水道を利用できる区域に土地をお持ちの方へ、4月中旬に「下水道事業受益者負担金申告書」を発送します。(詳しくは、「下水道事業受益者負担金について」をご参照ください。)

 

 

5.下水道事業受益者負担金の納入  (7月中旬~)

5負担金の納入.jpg

 4月に発送した申告書の返信等により、瀬戸市が受益者を決定し、7月中旬に下水道整備区域内に所有される土地面積に応じた下水道事業受益者負担金の納入通知書」を発送します。

 お近くの金融機関などで納入をお願いします。

 

 

6.宅地内の排水設備改造 又は 設置工事 

6宅地内設置工事.jpg

 供用開始の告示(下水道が利用できるようになった日)後、3年以内に下水道に接続してください。

 この接続工事は、市が認定した排水設備指定工事店に依頼して、排水設備の改造又は設置工事を行う必要があります。

  

 また、瀬戸市では下水道に接続する際の工事費に対しての融資あっせん制度もあります。

 

 

7.快適な生活

7快適な生活.jpg

 雨水以外の生活排水は、下水処理場できれいに処理され、川に放流します。

 

 下水道に接続後は、上水道の使用料に応じて2ヶ月に一度、下水道使用料が必要になります。

 

 

 

お問い合わせ

下水道課
0561-85-1173(管理係) 0561-85-2979(建設係) 0561-85-1213(施設係)
電話:0561-85-1173
スマホ版を表示