• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

郵送で市県民税・納税に関する証明書を申請される方へ

ページ更新日:2017年11月6日

郵送で所得課税(非課税)証明書・納税証明書等を申請する場合

窓口での申請はこちら

 

年度と年

  市県民税は、毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得に基づいて税額を計算し、翌年に課税し
 ています。そのため、所得課税(非課税)証明書には、必要とする証明年度の前年の所得が記載されます。
 (所得のあった年と証明年度は1年ずれることになります。)
  例えば、平成30年度の所得課税(非課税)証明書には、「平成29年1月1日から平成29年12月3
 1日まで」の1年間(平成29年分)の所得が記載されます。

証明の交付を申請できる方

 1 本人(相続人、納税管理人を含みます。)
 2 同一世帯かつ同一生計の親族
 3 証明書が必要な方からの委任状をお持ちの方(原本を同封してください。)

申請に必要な(同封する)もの

 1 申請書(ダウンロードできます。申請書は便箋などでもかまいません。)
 2 申請者の本人確認ができるもの(運転免許証の写し、在留カードの写しなど)
  ※申請者が転出されている場合は、転出先の住所が記載されている箇所(運転免許証の裏書部分などの
   写し)も同封してください。
 3 手数料 定額小為替(1年度1税目 300円)※定額小為替は郵便局で購入できます。
 4 返信用封筒(あて先に申請者の住所と氏名を記載して、切手を貼付してください。)
  ※申請者の住所地以外への送付は、原則としてお断りしております。

申請書に記載する事項

 1 必要な証明書の名称(所得課税証明書、非課税証明書、納税証明書など)
 2 年度(〇年度〇年分)及び通数
 3 使用目的(児童手当用、扶養認定用、借入用、証明書の提出先など)
 4 申請者の住所、氏名、生年月日(転出されている場合は、新旧両方の住所を記載してください。)
 5 証明書が必要な方の住所、氏名、生年月日(本人以外からの申請の場合)
 6 日中連絡できる電話番号(携帯電話番号など)

その他

 ※相続人が申請する場合、被相続人(死亡者)との親族関係が分かるものが必要です。(戸籍謄本の写し
   など)
 ※市や税務署への申告や勤務先からの給与支払報告書などの提出のない方は、所得課税(非課税)証明書
  の発行ができません。所得課税(非課税)証明書が必要な場合は、収入(所得)の申告が必要となりま
  すので、申告の方法など、詳しくは事前にお問い合わせください。
 ※所得課税(非課税)証明書は、原則として必要とする証明年度の年の1月1日現在にお住まいの市町村
  で交付されます。例えば、平成30年度の証明書であれば、平成30年1月1日現在にお住まいの市町
  村で交付されます。
 ※法人市民税の納税証明書を申請するときは、代表者印が必要です。
 ※市税を納付した後すぐに納税証明書が必要な場合は、納付いただいてから市で確認できる状態になるま
  で日数を要しますので、納めた分の領収書の写し(口座振替の場合は記帳した通帳の写し)を同封して
  ください。

郵送の申請先

 〒489-8701
 瀬戸市追分町64番地の1
 瀬戸市役所 税務課市民税係
  
 ※郵送で申請される場合は、事前に税務課市民税係(電話番号 0561-88-2570)へお問い合
  わせください。

ダウンロード

市県民税・納税に関する証明書交付申請書.pdf(91KB)

お問い合わせ

税務課
市民税係
電話:0561-88-2570
スマホ版を表示